アナル舐め

 七海は、年齢が26歳。
地元の保育園で働いている女の子です。
出会いのない保育士という仕事柄か、性的な不満を極度に溜め込んでいたようです。
だからなのか、セックスにNG無しな部分がありました。
女の子によっては、アナルは絶対ダメっていう子もいますからね。
でも、七海はそんな事がありませんでした。
たっぷりとアナル舐めしてやった後、アナルセックスも楽しめました。

 土屋太鳳を童顔にしたような七海は、なかなか魅力的な女の子でした。
肉付きの良い男心をそそる肉体の持ち主。
この体を持て余しているのかと思うと、何だかゾクゾクしてしまったものです。
カフェでコーヒーを飲みながら、しばらくは談笑しました。
「怖くないかい?」
「はい、大丈夫」
「なら、そろそろ行こうか」
「は・い・」
初対面で、いきなりセックスをすることになりました。

 大きめのお尻も大変綺麗で、セクシーさを感じます。
フレアのミニスカをまくり上げ、パンツの上から尻を撫でまわしていきました。
そしてパンツを下げる。
尻を広げると、愛らしいアナルや、卑猥そのもののオマンコが顔を覗かせます。
まだ何もしていない状態なのに、オマンコは汁を溢れさせているのです。
「マン汁が、早くも出ちゃってるんだね。いやらしい女の子だ」
「恥ずかしいです…」
「アナル舐めをしっかりやってやるな」
「は・・は・い・・・」
尻に顔を近づけると、洗っていないアナルからは、微かな悪臭が。
こういう部分も興奮材料だったりします。
相互オナニー希望の男性とskype交換をして初めてのエロイプ
アナル舐めを始めて行くと彼女「あ…いや…そこ、汚いよ、あああん」と、悦楽の声を出し始めたのでした。
ベロベロと、アナル舐めを続けていく。
彼女の体に、鳥肌が立ち始めます。
オマンコから、たっぷり汁が溢れ出す。
今度はクリちゃんをしっかりと舐めまわして行く。
体を震わせながら、肉体の快楽に身を投じて行く七海。
形の良い乳房をモミモミ。
指でクリちゃんをソフトに刺激。
膣に指を挿れ、締め付けを確認してみました。
まずはオマンコの穴からの味見。
挿入を開始して、前後に動かしていく。
七海は快楽に身をよじらせ、とても激しい声を出していました。
ひとしきりオマンコの中で楽しんだ後、メインであるアナルセックス。
ローションを塗り、彼女のケツの穴に挿れました。
初めてというアナルセックスだったのですが、七海はバッチリと感じてくれました。
激しくアナルで動かしまくり、たっぷりとザーメンを注ぎ込んでやれました。
中イキ
クリ責め