月別アーカイブ: 2019年3月

オナニーの見せ合い

僕が今の彼女と交際を始めたのは高校生の時分だから、もう13年になる。
お互いに大学生の時はちょっとブランクがあったのだが、社会人になってからはまた交際を復活している。満たされていたカレッジライフとは対照的に、社会人は孤独な存在であり、そこで初めてお互いが必要な存在だと気づいたわけだ。
そろそろ結婚も視野に入れる年頃ではあるのだが、僕には踏ん切りがついていなかった。お互いに個人の時間を大切にする性格であり、そのリズムが一致しているからこそ、13年も交際を続けられたのだ。一緒に暮らすことにはまだ不安があった。
ちなみに、セックスもしている。自慢ではないが、僕は彼女以外の女性を抱いたことはない。夫婦でもないのに、13年間、同じ相手とセックスを続けているケースも稀ではないだろうか?
だから、僕は彼女に関しては知らないことはない。それは彼女も同様で、お互いの性癖を知り尽くしているのだから、他の異性とのセックスでは満たされないことはわかっているのだ。
長い間付き合っているのでお互いに隠し事はない。下世話な話だが、僕は彼女の放尿音から屁の匂いまで知っている。普通ならば、他人には包み隠すこういう部分を見てしまったら幻滅するのだろうなと思う。しかし、僕はそれらを包括しても、隠し事をしない彼女のことが好きなのだ。
相互オナニーをする女の子を見つけたきっかけは無料のライブチャット
しかし、唯一、彼女が僕に見せていないものがある。そして、僕も彼女に見せていないものがある。
それは、お互いのオナニーだ。見せていないというか、会えばセックスしているのだから、見せる機会も必要もないのだが、僕と会えない時、彼女がどうやって自分を慰めているかに興味はある。実は僕も、彼女と会えない時は彼女とのセックス動画を見てオナニーをしているのだから。
そこで、オナニーの見せ合いをしよう、と僕は彼女に提案した。さすがに彼女は驚いたようだったが、見せ合いだったら問題ないと了承してくれた。
ホテルのベッドの上で、彼女はM字開脚で股間を刺激し、僕は片膝立ちでイチモツをしごいて、オナニーを見せ合った。
それは、かつて経験したことのない興奮だった。初めて見る彼女のオナニー姿はあまりにも扇情的過ぎた。それは彼女にとっても同様だったのだろう。
お互いに達しようとした瞬間、僕は意を決して腰を激しくピストンしながら「僕と結婚してください!」とプロポーズした。僕の告白に彼女は眼を見開きながら、股間に指を突っ込みつつ「喜んで!」と答えてくれた。
次の瞬間にお互いに果てた。これでもう隠し事はない。別れて生活する意味もないのだ。
センズリ鑑賞
相互オナニー

オフパコ

知り合いには決して言えませんが、私はこっそりオフパコを楽しんでいます。知らない人と会ってエッチすることは危険だと思う方も多いでしょうが、安全な出会い系を使うと意外と簡単にリスクが少ないオフパコを楽しむことができるのです。私も最初は怖いと思っていましたが、今ではドキドキとスリルでオフパコをやめることができない体になってしまいました。

最初にオフパコをしたのは、自称会社社長の40代の男性。特に顔写真を見せてもらうということもなく、いきなり待ち合わせをしたほどです。本当に社長かと疑いたくなってしまうほど、ラフな格好で現れた男性は、少し中年太りが始まっているような体型。正直オフパコするのをやめたいとも思いましたが、エッチしてみなければわからないこともあるでしょう。
ツイッター オフパコ
とりあえずホテルに入り、話も半ばにしてエッチをスタートしました。その男性は女性に飢えているのか、かなりしつこい愛撫をしてきます。決して上手とは言えませんが時間をかけて愛撫してくれるので、気持ちいいものです。挿入は数分で終わりましたが、射精してまた勃起するほど溜まっていたようです。

思い出深いオフパコの相手は、自称会社員の20代後半の男性。かなりのイケメンで、エッチをする相手には困っているようには見えませんでした。でも脱ぐと変貌するタイプで、一心不乱に私の体を舐めまわします。私は背中を舐められるのがとても好きなのですが、それを知るとずっと舐めてくるのでそれだけで昇天してしまったほどです。挿入してからもかなりの遅漏で、何度も体位を変えながら30分以上は挿入を続けます。私はその間何度も昇天しましたが、彼はなかなかフィニッシュしないので、申し訳ないなと思ったほど。最後に彼に話を聞きましたが遅漏が理由でなかなか彼女が出来ないので、オフパコを楽しんでいると言っていました。
エロビデオ
オナ指示