月別アーカイブ: 2018年12月

性奴隷

私、彼のことが理解できなくなってしまったんです。
先日のことなんですが、新宿で彼とデートしてる時に、たまたま彼の友達と出くわしたんですね。
そうしたら、彼が「あ、その子が例の・・・性奴隷?」って笑って聞くんです。
彼、皮肉な感じで笑い返して「違うよ、こいつはそんなんじゃない」って。
彼の友達は、しまった、というような顔をしてそそくさと先に行ってしまいました。
性奴隷ってどういうこと?と私は頭の中で混乱してました。
そういえば、彼の家に私、入ったことないんです。
一度、彼の家に行きたいとお願いしたことがあったんですけど、断固として中には入れてくれませんでした。
もしかして・・・彼の部屋の中には性奴隷がいたんでしょうか?
それとも、性奴隷を私が聞き間違えただけなのでしょうか。
陵辱する雌奴隷なSMパートナーの探し方
何かの暗号とか隠語とかでしょうか?
彼に対する疑念のようなものが生じてきたんです。
彼との付き合いは、三か月くらいなんですが、そんなに頻繁に会うわけではなくて、たいていはLINEのやり取りです。
私とこうして付き合っている陰で、性奴隷の女、別の女と関係していたら・・・?
そもそも女性を性奴隷として扱うような男を信頼していいのか?
なんとなくですが、そう私に思わせるものが彼にあったんだと思うんですね。
直観と申しましょうか。
何か危険な匂いのようなものを彼から感じていたんだと思います。
危険な香りに惹かれて、それを好きと勘違いしちゃってただけなんじゃないか。
性奴隷が本当かどうか確かめることすらせずに、私、別れちゃいました。
即ハボ
即エッチ