アナル舐め

 七海は、年齢が26歳。
地元の保育園で働いている女の子です。
出会いのない保育士という仕事柄か、性的な不満を極度に溜め込んでいたようです。
だからなのか、セックスにNG無しな部分がありました。
女の子によっては、アナルは絶対ダメっていう子もいますからね。
でも、七海はそんな事がありませんでした。
たっぷりとアナル舐めしてやった後、アナルセックスも楽しめました。

 土屋太鳳を童顔にしたような七海は、なかなか魅力的な女の子でした。
肉付きの良い男心をそそる肉体の持ち主。
この体を持て余しているのかと思うと、何だかゾクゾクしてしまったものです。
カフェでコーヒーを飲みながら、しばらくは談笑しました。
「怖くないかい?」
「はい、大丈夫」
「なら、そろそろ行こうか」
「は・い・」
初対面で、いきなりセックスをすることになりました。

 大きめのお尻も大変綺麗で、セクシーさを感じます。
フレアのミニスカをまくり上げ、パンツの上から尻を撫でまわしていきました。
そしてパンツを下げる。
尻を広げると、愛らしいアナルや、卑猥そのもののオマンコが顔を覗かせます。
まだ何もしていない状態なのに、オマンコは汁を溢れさせているのです。
「マン汁が、早くも出ちゃってるんだね。いやらしい女の子だ」
「恥ずかしいです…」
「アナル舐めをしっかりやってやるな」
「は・・は・い・・・」
尻に顔を近づけると、洗っていないアナルからは、微かな悪臭が。
こういう部分も興奮材料だったりします。
相互オナニー希望の男性とskype交換をして初めてのエロイプ
アナル舐めを始めて行くと彼女「あ…いや…そこ、汚いよ、あああん」と、悦楽の声を出し始めたのでした。
ベロベロと、アナル舐めを続けていく。
彼女の体に、鳥肌が立ち始めます。
オマンコから、たっぷり汁が溢れ出す。
今度はクリちゃんをしっかりと舐めまわして行く。
体を震わせながら、肉体の快楽に身を投じて行く七海。
形の良い乳房をモミモミ。
指でクリちゃんをソフトに刺激。
膣に指を挿れ、締め付けを確認してみました。
まずはオマンコの穴からの味見。
挿入を開始して、前後に動かしていく。
七海は快楽に身をよじらせ、とても激しい声を出していました。
ひとしきりオマンコの中で楽しんだ後、メインであるアナルセックス。
ローションを塗り、彼女のケツの穴に挿れました。
初めてというアナルセックスだったのですが、七海はバッチリと感じてくれました。
激しくアナルで動かしまくり、たっぷりとザーメンを注ぎ込んでやれました。
中イキ
クリ責め

宿泊場所提供

宿泊場所提供をするということがどれだけ自分にとってプラスになるのかを知っていますか。

おそらくほとんどの男性はめんどくさいし、リスクもあるのでそういうことはやりたくないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、自分としてはそう思っているような世の中の男性に言いたいのですが、その考えは間違っています。

相手を色々と調べていればわかるのですが、女の子って以外にも宿泊場所提供をされるということがあれば、簡単に股を開くような生き物なのです。

自分自身がいやらしい体験を色々とさせてくれるような人って確実に珍しいタイプだと思いますが、実はそういう女の子に出会うことよりも、女の子をそういう方向に導いていくということができれば簡単にセックスまでできるのですね。
セフレの作り方

自分はよくいろんな女の子に対して宿泊場所提供をして最後まで楽しませてもらっています。

今回のセックスまでさせてもらった女の子は前から出会い系を通じて知り合ったタイプでした。

彼女とは長い間連絡を取り合っていただけに信頼関係はありましたので、タイミングを見て泊まりに来るようにさそったらすぐにオーケーを出してくれました。

ちなみにFカップの巨乳でしたので、本当に最高に楽しくセックスをさせてもらえました。

実は彼女は表面上は素直で真面目そうな感じでしたが、本当はいやらしい体験を色々とさせてもらえるようなタイプでしたので、かなり気持ちよくセックスをさせてもらえたんですよね。

やっぱりこうやって出会い系を巧みに利用しいければ簡単に自宅まで来てくれますし、そのまま宿泊もしてくれますのでいい感じに気持ちよくなれます。

半端じゃない体験をさせてくれるような人は本当に貴重ですね。

LINE掲示板
セフレ掲示板

オナニーの見せ合い

僕が今の彼女と交際を始めたのは高校生の時分だから、もう13年になる。
お互いに大学生の時はちょっとブランクがあったのだが、社会人になってからはまた交際を復活している。満たされていたカレッジライフとは対照的に、社会人は孤独な存在であり、そこで初めてお互いが必要な存在だと気づいたわけだ。
そろそろ結婚も視野に入れる年頃ではあるのだが、僕には踏ん切りがついていなかった。お互いに個人の時間を大切にする性格であり、そのリズムが一致しているからこそ、13年も交際を続けられたのだ。一緒に暮らすことにはまだ不安があった。
ちなみに、セックスもしている。自慢ではないが、僕は彼女以外の女性を抱いたことはない。夫婦でもないのに、13年間、同じ相手とセックスを続けているケースも稀ではないだろうか?
だから、僕は彼女に関しては知らないことはない。それは彼女も同様で、お互いの性癖を知り尽くしているのだから、他の異性とのセックスでは満たされないことはわかっているのだ。
長い間付き合っているのでお互いに隠し事はない。下世話な話だが、僕は彼女の放尿音から屁の匂いまで知っている。普通ならば、他人には包み隠すこういう部分を見てしまったら幻滅するのだろうなと思う。しかし、僕はそれらを包括しても、隠し事をしない彼女のことが好きなのだ。
相互オナニーをする女の子を見つけたきっかけは無料のライブチャット
しかし、唯一、彼女が僕に見せていないものがある。そして、僕も彼女に見せていないものがある。
それは、お互いのオナニーだ。見せていないというか、会えばセックスしているのだから、見せる機会も必要もないのだが、僕と会えない時、彼女がどうやって自分を慰めているかに興味はある。実は僕も、彼女と会えない時は彼女とのセックス動画を見てオナニーをしているのだから。
そこで、オナニーの見せ合いをしよう、と僕は彼女に提案した。さすがに彼女は驚いたようだったが、見せ合いだったら問題ないと了承してくれた。
ホテルのベッドの上で、彼女はM字開脚で股間を刺激し、僕は片膝立ちでイチモツをしごいて、オナニーを見せ合った。
それは、かつて経験したことのない興奮だった。初めて見る彼女のオナニー姿はあまりにも扇情的過ぎた。それは彼女にとっても同様だったのだろう。
お互いに達しようとした瞬間、僕は意を決して腰を激しくピストンしながら「僕と結婚してください!」とプロポーズした。僕の告白に彼女は眼を見開きながら、股間に指を突っ込みつつ「喜んで!」と答えてくれた。
次の瞬間にお互いに果てた。これでもう隠し事はない。別れて生活する意味もないのだ。
センズリ鑑賞
相互オナニー